初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ストーナー、新シャシー投入に期待

ストーナー、新シャシー投入に期待

ストーナー、新シャシー投入に期待

ケイシ-・ストーナーは第2戦南アフリカGP10位の結果に、失望を隠さなかった。マシンのセッティングに困惑した週末。問題未解決のまま臨んだ5列目からのスタートでは、ライバルたちとバトルは不可能な状態であった。レース後、メカニックたちがシャシーに亀裂が入っているのを発見した。

「車体の中心近くに亀裂があった。理解する範囲に関しては、全て機能していたけど、コーナーではあまりにも車体が歪んでいた。」と説明する17歳のオーストラリアンライダー。「だから、ブレーキングに問題が生じた。レース中に問題が解決できず、フラストレーションが溜まった。亀裂の入ったシャシーでは気分良く走れないが、次戦のヘレスではニューシャシーが届くことになっているから、今は安心しているよ。」

ストーナーは、スペイン選手権に参戦していた経験があり、ヘレス・サーキットにも走行経験がある。しかし、ニューシャシーのセッティングなども含め、困難な週末が待っているだろう。

「ヘレスは好きなコースだ。だけど、多くのライダーは僕よりもコースを良く理解している。ダニ・ペドロサは特に速いし、ニエトもバルベラといったスペイン人ライダーたちも強敵だ。ニューシャシーの調整にどのくらいの時間が必要か検討がつかない。一刻も早くセッティングしないと、今週末も再び困惑してしまう。」

Tags:
125cc, 2003, Casey Stoner

Other updates you may be interested in ›