Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPパドック、欧州大陸に上陸

MotoGPパドック、欧州大陸に上陸

MotoGPパドック、欧州大陸に上陸

日本-南アフリカと移動したMotoGPパドックが、欧州大陸に上陸した。44チーム、約1700人の関係者、そして128台のトラックが、スペイン南部に位置するヘレス・サーキットに集結。カラフルな色に包まれたパドックは、明日から始る予選に向け、着々と準備が進められている。

シリーズ第2戦南アフリカGPでは、チームメイト故・加藤大治郎に捧げる感動的な勝利を飾ったセテ・ジベルナウが、新チームメイトに決定した清成龍一と一緒にテレフォニカ・ミビスター・ホンダのパドックに登場した。ジベルナウは、加藤の後を受け継ぎ『ファクトリー・バイク・プロジェクト』に加われば、清成は『サテライト・プロジェクト』として、ジベルナウが使用していたホンダRC211Vを駆けることとなる。

昨シーズンの全日本ST600クラス王者の清成は、先月末にスポーツランドSUGOで開催されたスーパーバイク世界選手権日本ラウンドにスポット参戦し、2位表彰台を獲得したばかり。今GP後の12日に、ここヘレス・サーキットでRC211Vの初テストを実施し、2週間後の第4戦フランスGP(決勝5月25日)で世界最高峰にデビューする。

「ヨーロッパに到着しただけで、気分がいいね。家に帰れ、パドックには自分のスペースがある。それに、ランキング2位となり、前回の勝利について話題として取れ上げてもらいながら地元スペインでのレースを迎えることは、ファンタスティックだ。」とジベルナウは話す。そして、新しい役割を担うことについて、「オフィシャルマシンと僕がこれまでに乗っていたマシンとは、あまり大きな違いがないことを願う。オフィシャルマシンが、ギアやトラクションなどの部分において、多少の手助けとなることに期待している。まずは、テストしなければ。しかし、ホンダのスタンダードマシンでもレースに勝つことができる。」と説明する。

パドックには5週間ぶりにマルコ・メランドリが姿を見せた。開幕戦日本GP初日に足首骨折や大腿骨と鼻を亀裂骨折した250ccクラス王者は、懸命にリハビリに取り組んで来た。コスタ医師は、「完治間近」と説明し、明日からの予選に挑む。

一方でロリス・カピロッシとニッキー・ヘイデンは、サーキット近郊にある有名な農場を訪問。闘牛や乗馬を体験した。

Tags:
MotoGP, 2003, Gran Premio Marlboro de España

Other updates you may be interested in ›