Tickets purchase
VideoPass purchase

ド・ピュニエが暫定ポールを獲得

ド・ピュニエが暫定ポールを獲得

ド・ピュニエが暫定ポールを獲得

ランディ・ド・ピュニエが、セッション終了直前に空中に舞うスペクタクロなクラッシュを喫したが、暫定ポールポジションを獲得。2戦連続ポールポジション獲得と初優勝に向けて、好発進した。そして、2位マヌエル・ポジャーリ、3位フランコ・バッタイーニ、4位トニ・エリアスとフロントローにはアプリリアユーザーが独占。4人がセンションの主役を飾っていた。

2連勝中のポジャーリはリアタイヤが滑り、危うく転倒しそうになったが、バランスを取り戻し、クラッシュを防いだ。エリアスは、2週間前の南アフリカGPで負傷した親指骨折が完治せず、特別プロテクターを着用してセッションに臨んだが、再び転倒。しかし、その後に4番目のタイムをマークし、今グランプリに懸ける強い気持ちを見せた。

昨年の覇者フォンシ・ニエトは、ロベルト・ロルフォの後方6位につけるのが、精一杯だった。松戸直樹は7位と好ポジションを確保すれば、セバスチャン・ポルトもクラッシュを喫し、8位に止まった。

Tags:
250cc, 2003, Gran Premio Marlboro de España

Other updates you may be interested in ›