初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カンヌ国際映画祭で『Faster』が初上映!

カンヌ国際映画祭で『Faster』が初上映!

カンヌ国際映画祭で『Faster』が初上映!

ハリウッドの製作会社が2シーズンに渡り、撮影製作したMotoGP世界選手権のドキュメンタリー映画『Faster』が遂に完成した。フランスで開催されているカンヌ国際映画祭で15日、リビエラ8劇場で初公開された。

14日夜にはホテル・マジェスティックで初公開記念セレモニーの前夜祭が行われ、カンヌの目抜き通りラ・クロゼットからは、バレンティーノ・ロッシ(イタリア・ホンダ)、オリビエ・ジェック(フランス・ヤマハ)、ロリス・カピロッシ(イタリア・ドゥカティ)、ジョン・ホプキンス(アメリカ・スズキ)、コーリン・エドワーズ(アメリカ・アプリリア)、ギャリー・マッコイ(オーストラリア・カワサキ)、アレックス・ホフマン(ドイツ・カワサキ)が待ち構える約100人のカメラマンの前に登場。持ち前のテクニックを披露した。

上映時間100分のドキュメンタリーのナレーターを務めた人気俳優のユラン・マクレガーもMotoGPライダーたちと一緒にバイクで前夜祭に登場した。「素晴らしいセレモニーだったよ。今回のような出席し仕方は今まで一度もやったことがなかったよ。MotoGPライダーたちと一緒にバイクに乗ったこともなかったから、全てがとても楽しかった。」

マクレガーは映画のエピソードについて、「僕がアメリカで撮影中に、ディレクターのマーク・ニールからフィルムを紹介したいからと電話があったんだ。モータサイクルの素晴らしい映画をこれまでに見たことがないと彼に言った。その後、僕たちは再会して、ナレーターを務めることになったんだ。残念ながら、次のル・マンでのグランプリを観戦できないけど、今年中にどこかのグランプリには脚を運びたいね。」と話した。

「ファンタスティックな雰囲気だ。映画も素晴らしいと思うよ。僕は大好きだ。」と映画の主役的存在であるロッシは語った。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›