初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

曇り空のル・マンがMotoGPを迎えた

曇り空のル・マンがMotoGPを迎えた

曇り空のル・マンがMotoGPを迎えた

明日23日から開催されるシリーズ第4戦ポリーニ・グランプリ・デ・フランス(フランスGP)を前に、パドックはサーキット上空の雲行きを心配していた。開催期間中の予報は雨。ところによっては豪雨の可能性もあるが、ライダーやチームスタッフは今シーズン4レース目に向け、準備に取り組んでいた。

昨年のレースは降り始めた雨の影響により途中で打ち切られ、バレンティーノ・ロッシが優勝を飾った。しかし、今シーズンはレギュレーション改正に伴い、レースディレクションが中立を決定した場合には最低3ラップを実施することになる。

「もし、今年も雨が降れば、新たにスタートする。だから、僕たちは100%で挑む。」とロッシは話す。「ル・マンは僕のお気に入りのサーキットではない。500ccクラスの時も4ストロークの時もコースの出口でトラクションの問題が常に発生した。ヘレスのようなサーキットを好むけど、25ポイントのバトルがある。チャンピオンシップに集中することが重要だ。」

ここまでの3戦に2ストロークで参戦していたプロトンKRが、明日から新型4ストロークマシンを投入する。ニューマシン開発に時間がかかっていたが、20日にはチーム本拠地近郊にあるイギリス・オックスフォードシャーのトゥーウェストン飛行場でシェークダウンが行われた。チームボックスには、4ストロークマシンと2ストロークマシンが準備され、天候次第では再度2ストロークマシンの投入も考えられる。

テレフォニカ・モビスター・ホンダに新たに加入した清成龍一は、待望のデビューを控えている。既に今週初めには、フランスのクレルモン・フェランで2日間のテストを実施。明日の午前中に行われるフリー走行で初披露となる。

シリーズ第2戦南アフリカGPで感動的な優勝を飾ったセテ・ジベルナウと地元の英雄オリビエ・ジャックが、ル・マン市内の病院を訪問。たくさんのお土産を持参した2人は、入院する子供たちの大歓迎を受けていた。

一方で、今日は静かだったのがクリニック・モービル(移動診療所)。ヘレスで転倒し、足を負傷していたニッキー・ヘイデンは完治し、元気な姿で現れたが、ロリス・カピロッシだけが腹痛に悩んでいた。

Tags:
MotoGP, 2003, Grand Prix Polini de France

Other updates you may be interested in ›