初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ、ランキング1位に返り咲く

ペドロサ、ランキング1位に返り咲く

ペドロサ、ランキング1位に返り咲く

シリーズ第4戦フランスGPを終え、3人のライダー(ステファーノ・ペルジーニ、ダニ・ペドロサ、ルーチョ・チェッキネロ)が125ccクラスの総合ランキングトップに立った。南アフリカGP以来、今シーズン2勝目を上げたペドロサは、最も安定した好成績でトップの座に返り咲き、初タイトルへ向けて猛進する。

2週間前、地元ヘレスでの初優勝を逃したペドロサは、ル・マンではスタートから逃げ切る本来の必勝パターンへと作戦に修正した。

作戦通りにスタートから飛び出し、2ラップ目にトップに立つと、積極的にプッシュ。セカンドグループよりも約0.5秒早いラップタイムを重ねて行き、最後まで独走でチェッカーフラッグを受けた。

ペドロサの強さの1つに、抜群の安定感が挙げられる。ここ20戦中、リオGPで転倒リタイヤした以外は10位内で必ずフィニッシュしている。また、これまでは独走からの勝利が多かったが、南アフリカGPでは5人の優勝争いを制するなど、混戦での強さを身に付けてきた。

タイトル争いを演じた2シーズン目の経験を生かしている17歳のスパニュシュライダーは、「独走は、集中力を高めと同時にリラックスもできる。今、僕はチャンピオンシップのリーダーだ。しかし、重要なのはいいレースができたこと。僕たちには戦闘力がある。」とレースを振り返った。

Tags:
125cc, 2003, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›