初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

鈴鹿サーキット、シケイン改修工事終了

鈴鹿サーキット、シケイン改修工事終了

鈴鹿サーキット、シケイン改修工事終了

鈴鹿サーキットは6月18日、9日から着工していたシケイン区間におけるコース形状変更改修工事がほぼ終了したことを発表した。

今回の改修工事は、5月24日、25日に開催された全日本ロードレース選手権第4戦においてシケインでの接触、転倒が増加したことから鈴鹿サーキット側で検討の結果、二輪レース用のシケイン改修をFIM国際モーターサイクリズム連盟ならびMFJ日本モーターサイクルスポーツ連盟に提案、了承を受けての実施である。同シケイン区間は、今年初めに「130R」から「シケイン」にかけてのコース形状変更を伴う大規模な改修工事を実施したばかり。今シーズン開幕戦日本GP決勝では、同区間で故・加藤大治郎の悲惨な事故が起きている。

シケイン区間の改修工事は、最終コーナーの脱出速度を抑えること、走行可能帯域を広くすること、シケインへの進入直前のランオフエリアを広く取れること目的に、現在の第1シケインの位置を変更するとともに第2シケインを撤去。ひとつの新設のシケインを改修する。改修によりコース距離は5.821KMとなった。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›