初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

メランドリ、初優勝の舞台へ

メランドリ、初優勝の舞台へ

メランドリ、初優勝の舞台へ

MotoGPクラスにデビューしたマルコ・メランドリは、ゆっくりだが確実に右肩上がりの成長を見せている。開幕戦日本GP初日に負ったケガにより、序盤2戦を欠場した250cc王者だが、徐々に本来の実力を発揮し始めてきた。

自分に厳しい要求を課すヤングライダーは、ここまでの成績にフラストレーションが貯まっていることを隠さずにいる。しかし、今週末の舞台となるアッセンでは、何かのきっかけを掴む絶好の機会となろう。「125ccクラスに参戦していた1998年。僕が15歳の時に初優勝を飾ったのが、今週末の舞台であるアッセンだった。当時のことは昨日のように憶えているよ。どのように嬉しさを表現していいかの分からないけど、僕にとってはビックな一日だった。アッセンに行く度に初優勝のことを思い出すよ。初優勝後は、あまりいいレースをしていないけど、M1とは全く違う歴史となるはずさ。」

「今回は非常にきつい展開となろう。スロットルを全開に行くところもあれば、コーナーも多いサーキットだ。カタルーニャではいくつかの問題があり、トラクションのセッティングが困難だった。アッセンでも同じようなことが起きると思う。現状、チャンピオンシップは非常に高いレベルを提供している。多くの優れたライダーたちが競っているからだ。特に同胞のイタリア人ライダーたち。彼らのレベルに割って入れたら、それはもう素晴らしいことだ。」

「今年のアッセンでは、マシンとのフィーリングを改善して、鈴鹿のクラッシュから来る疲労の影響を受けずにいいレースがしたい。レース毎に成長し、成績をトップライダーたちに近づけたい。これか僕の目標だ。」

Tags:
MotoGP, 2003, Marco Melandri

Other updates you may be interested in ›