初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アンタチャブルなポジャーリ

アンタチャブルなポジャーリ

アンタチャブルなポジャーリ

オランダの太陽の下、マヌエル・ポジャーリはラップ毎にタイムを更新して行き、セッションラストにはサーキットベストラップ2分04秒050を樹立。ル・マン以来2度目のポールポジションを獲得で強さを誇示した。

前の125ccクラスとMotoGPクラスよりも、ホットコンディションで行われた250ccクラス予選2日目は、多くのライダーが決勝用のセットアップに専念。タイムアタックはセッション終盤まで持ち越された。しかし、ポジャーリを脅かすライダーは現れなかった。前戦カタルーニャGPで初優勝したランディ・デ・ピュニエは、0.536秒遅れで2番グリッドを確保。トニ・エリアスとフォンシ・ニエトは3番、4番グリッドに入り、アプリリア勢がフロントローを再び独占した。

ホンダのセバスチャン・ポルトが今シーズンベストタイの5番グリッドに入り、アプリリア勢に割って入った。シルヴァン・ギュントーリが自己ベストの6番グリッドを獲得すれば、松戸直樹はアンソニー・ウエストと同タイムの10番グリッドで明日の決勝を迎える。

Tags:
250cc, 2003, Gauloises Dutch TT

Other updates you may be interested in ›