初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

メインイベント前の完璧なプレリュード

メインイベント前の完璧なプレリュード

メインイベント前の完璧なプレリュード

4ストロークマシンによる最高峰のロードレースを前に、スペクタクロな熾烈なバトルが約束される250ccクラス。トップライダーたちがタイトル争いを左右する重要なグランプリに挑む。

アッセンでは表彰台を逃したが、マヌエル・ポジャーリはチャンピオンシップにおける重要なポイントを獲得。追うロベルト・ロルフォ、トニ・エリアス、ランディ・ド・ピュニエ、フォンシ・ニエトを引き離した。そして、初優勝したアンソニー・ウエストはフランコ・バッタイーニと並びランキング6位に浮上するなど、例年になく混戦の展開となっている。

現在250ccクラスにエントリーしているライダーで、ドニントン優勝の経験があるライダーは一人もいない。しかし、エリアスは125ccクラスに参加していた2001年に2位を、昨年は3位を獲得。チームメイトのニエトは昨年、優勝こそ逃したがポールポジションと最速ラップをマークした。

ニエトはアッセンではチェーンが外れ、転倒した松戸直樹とともにポイント連取の記録が途絶えた。唯一、開幕からポイントを確実に稼いでいるロルフォは、ランキング2位に浮上。今週末にはそのポジションを確保しながら、ポジャーリとのポイント差を詰めたいところだ。

Tags:
250cc, 2003, Cinzano British Grand Prix

Other updates you may be interested in ›