初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ニエト、暫定ポールタイムで今季初のポールポジション獲得

ニエト、暫定ポールタイムで今季初のポールポジション獲得

ニエト、暫定ポールタイムで今季初のポールポジション獲得

フォンシ・ニエトが、シリーズ第8戦イギリスGP決勝にポールポジションからスタートする。今シーズン初優勝を目指し、終始セッティングに専念。初日にマークした暫定ポールポジションタイムを自ら更新することはできなかったが、ライバルたちも1分34秒台を突破することができず、今シーズン初のポールポジション獲得となった。

250ccクラスのセッションは最後に熾烈なタイムバトルが繰り広げられた。ポールポジション獲得を狙いにタイトル争いを展開するマヌエル・ポジャーリとフランコ・バッタイーニが、次々にクラッシュを喫した。

ポジャーリはクラッシュ前に2日目のトップタイムをマークし、2番グリッドを確保。最終ラップに初日のラップタイム更新したトリ・エリアスと松戸直樹がそれぞれ3番、4番グリッドを獲得。松戸は2000年に表彰台3位を獲得したサーキットで初のフロントローを獲得した。

多くのライダーたちが初日のラップタイムを更新。バッタイーニは約1秒近くラップタイムを伸ばしたが、ランディ・ド・ピュニエに次ぎ6番手だった。ホンダ勢のロベルト・ロルフォとセバスチャン・ポルトが7番、8番グリッドでセカンドローを確保した。2週間前のアッセンで初優勝を果たしたアンソニー・ウエストは10番グリッドだった。

Tags:
250cc, 2003, Cinzano British Grand Prix

Other updates you may be interested in ›