初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ド・ピュニエ、失望のドニントン

ド・ピュニエ、失望のドニントン

ド・ピュニエ、失望のドニントン

ランディ・ド・ピュニエがドニントンで、失望のアッセンからの巻き返しを狙っていた。ケガを負い、0ポイントで終わったため、フラストレーションが溜まっていたフランス人ライダーは、強い意志で決勝に挑んだが、今度はコースアウトを喫してしまう。幸いレースに復帰したが、最終的にはライバルたちから遅れ、8位でフィニッシュした。

「難しいレースだった。スタート際、ブレーキに問題があった。トップグループに少しでも早く追いつこうとしたが、10ラップ目か12ラップ目。正確に覚えていないけど、マシンに問題が発生した。その後、ニエトとの接触を避けるために、コースアウトすることを自ら選んだ。とてもがっかりしているよ。このような形でウィークエンドを終えるのは残念だ。僕には優勝できる力がある。最低でも表彰台獲得ができるから、本当にフラストレーションが溜まるよ。」

ド・ピュニエの最近の走りには、浮き沈みが激しい。3戦連続表彰台を獲得した後のムジェロでは、ポールポジションから2度の転倒により、リタイヤを喫した。カタルーニャではポール・トゥ・フィニッシュで初優勝を果たした。そして、アッセンでは転倒により、左くるぶし外側のひ骨骨折と右肩を脱臼するケガを負った。

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›