初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

オリビエ・ジャック、高いモチベーションでザクセンリンク入り

オリビエ・ジャック、高いモチベーションでザクセンリンク入り

オリビエ・ジャック、高いモチベーションでザクセンリンク入り

オリビエ・ジャックが高いモチベーションを持って、ザクセンリンク入りした。前戦ドニントンでのバイオレンスなクラッシュを喫し、頭部を強打したが、この2週間のインターバルで完治。昨年はラスト3ラップにアレックス・バロスと接触するまで、トップを走行していた。今週末は最高峰クラスの初優勝を逃したリベンジに挑む。/p> 「今週末に向けて、モチベーションが高い。ドニントンのクラッシュからはもう完治した。」と話すジャック。「昨年はポールポジションを獲得し、レースをリードした。勝利が手中にある時に、アレックス・バロスが僕に接触。転倒してしまった。あの時は軽量で鋭い500ccマシンで走っていた。」

多くのライダーの意見とは異なり、タイトなコースレイアウトのザクセンリンクを好んでいる。「この小さいサーキットが大好きだ。とても曲がりくねり、ライディングが最重要であると示している。低速セックションを含めたテクニカルコースで、スロットルの小さなミスで走行ラインが大きくズレてしまう。1つのミスも決して許されない。」

4ストロークマシンで臨むことになる今年は、昨年までとは大きく異なると考えている。「4ストロークマシンでは初めてとなるが、スロットルを開くのに細心の注意を払わないと。高いレベルで走るには2ストロークマシンよりもハードだと考えられる。今シーズン開幕からサーキット毎にチェックしてみると、ロッシは4ストローク元年の昨シーズンよりも1秒から1.5秒ほどラップタイムを更新している。マシンの発展は素晴らしいよ!」

元250ccクラス王者は、現状のチームの仕事に感謝を示した。「僕は成長していると感じる。僕のヤマハは乗り心地がいい。マシンとタイヤは良くなった。マシンはまだライバルたちのレベルに達していないが、電気系統など改善されている。チームは懸命に作業をしているので、レースで成績を挙げたい。」

Tags:
MotoGP, 2003, Cinzano Motorrad Grand Prix Deutschland

Other updates you may be interested in ›