初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

地元グランプリに挑むゲンメル

地元グランプリに挑むゲンメル

地元グランプリに挑むゲンメル

アントン・マンク、ラルフ・ウォルドマン、ディター・ブラウン、ヴァルナー・ハース、ヘルムート・ブラドル、ライハルト・ロス、マーチン・ウィマーら80年代以降、250ccクラスに次々に好ライダーを輩出したドイツ。

しかし、ウォルドマンが2年前に引退してから、ドイツのファンは新しいアイドルの誕生を待ち望んでいる。クリスチャン・ゲンメルはその候補ライダーと言えよう。22歳のドイツ人ライダーは3シーズン間のヨーロッパ選手権を経て、今シーズンからフルエントリー。徐々に世界舞台に適応し、アッセンでは自己ベストの8位でフィニッシュした。

「ヨーロッパ選手権で周っていた多くのサーキットを把握している。僕はルーキーだけど、このサーキットは数年前から何度も走っているから、経験が生かせると思うよ。」とキーファー・カストロール・ホンダ・レーシングに所属するライダーは話す。「ホンダのキットマシンで走るから、上位で争うプレッシャーはない。今年は、チームも僕もチャンピオンシップについて全てを学習することを目標に置いている。ここまでの好結果には、正直に驚いているけど、まだまだ勉強することがたくさんあると自覚しているんだ。」

今週末は地元ファンの前で走るゲンメルだが、特別なプレッシャーはないと強調する。「同胞の前で走ることはいいことだけど、これも1レースで、1つの学習のチャンス。2年前にワイルドカードとして参戦し、17位でフィニッシュした。この結果を上回ることができると思う。少なくても、ポイントを獲得したい。」

チャンピオンシップ全体と将来について、ゲンメルは付け加えた。「素晴らしいタレントを持ったライダーが何人かいる。個人的にはマヌエル・ポジャーリが飛び抜けているけど、コース外での彼の行動はコース内ほど良くないね。彼の後ろや他のライダーの後ろで走り、安定感を増すためにも、そして学ぶためにも、僕のライディングスタイルをチェンジする必要がある。勝てる、そしてタイトル争いができるバイクが手に入るように、実力を証明したい。」

Tags:
250cc, 2003, Cinzano Motorrad Grand Prix Deutschland

Other updates you may be interested in ›