初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ザクセンリンク激動!ジベルナウがロッシに逆転V

ザクセンリンク激動!ジベルナウがロッシに逆転V

ザクセンリンク激動!ジベルナウがロッシに逆転V

サマーブレーク前のシリーズ第9戦ドイツGP決勝がザクセンリンクで開催。9万人以上のドイツファンが詰めかけた中、セテ・ジベルナウが最終コーナーで王者バレンティーノ・ロッシを抜き、今シーズン4勝目を挙げた。

ホンダの両雄は、他のライバルたちを序盤から引き離した。4番グリッドからスタートしたロッシはホールショットを決め、直ぐにレースをリードすると、ジベルナウは約3秒差を追いかけた。絶好調スパニュッシュライダーは徐々にアドバンテェージを詰めて行くと、遂に21ラップ目にトップに立つ。その後、イタリアンライダーはジベルナウの背後をピッタリとマークし、計算通りにファイナルラップでトップを奪回した。しかし、最終コーナーでロッシが痛恨のミスを犯すと、ジベルナウは見逃さず、僅か0.060秒差で逆転に成功した。

ポールポジションのマックス・ビアッジはスタートに失敗。ファーストラップを10位で終えると、スペクタクロなポジション奪回で13ラップには3位に浮上した。しかし、トップの2人へアタックを仕掛けた直後の14ラップ目にクラッシュを喫し、今シーズン初のリタイヤでレースを後にした。

ビアッジがレースを去ってから単独走行が続いたトロイ・ベイリスは、ヘレス以来2度目の表彰台を獲得。ロリス・カピロッシが4位。ニッキー・ヘイデンが自己ベストの5位でフィニッシュした。宇川徹が日本人トップの6位に入り、以下、中野真矢、カルロス・チェカ、オリビエ・ジャック、阿部典史とヤマハ勢が続いた。

2ストロークマシンのプロトンKR3で臨んだ青木宣篤とジェリミー・マクウィリアムスはそれぞれ11位と12位でフィニッシュ。玉田誠は13位。清成龍一は18位だった。

マルコ・メランドリは12番グリッドから好スタートを切り、一時は3位に浮上したが4位走行中の24ラップ目に3戦連続のクラッシュ。芳賀紀行とアレックス・バロスはクラッシュで、ジョン・ホプキンスはエンジントラブルでそれぞれリタイヤした。

ロッシは優勝こそ逃したが、15戦連続表彰台を獲得。チャンピオンシップに20ポイントを加算し、2位のジベルナウに29ポイント差、3位のビアッジには57ポイント差と依然トップをキープしている。

Tags:
MotoGP, 2003, Cinzano Motorrad Grand Prix Deutschland

Other updates you may be interested in ›