初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

最高潮を迎えているペルジーニ

最高潮を迎えているペルジーニ

最高潮を迎えているペルジーニ

2003年シーズンの125ccクラスは、例年になく開かれたバトルが展開されている。エクトル・バルベラやトーマス・ルティ、アンドレア・ドビツィオーゾ、アレックス・デ・アンジェリス、ダニ・ペドロサらヤングライダーたちの成長は著しく、ルーチョ・チェッキネロ、スティーブ・イェンクナーらのベテラン勢の活躍も目立つ。彼らと一緒に優勝争いを演じるステファーノ・ペルジーニの出現は、大きな驚きであった。

シーズン開幕戦日本GPで96年イギリスGP以来、4度目の優勝を飾ったイタリアンライダーは、第2戦南アフリカGPでスタート直後にマシントラブルが発生し、リタイヤした。

しかし、今シーズンは7位2回、5位3回のリザルトが示すように安定した走りを披露。そして、イギリスGPから2戦連続ポールポジションを獲得するなど、安定性に加えて一発の速さを身に付けてきた。一方でチェッキネロとイェンクナーはそれぞれミスを犯すと、ペルジーニが彼ら2人を交わして、ランキング2位に浮上してきた。

3週間のサマーブレートとを迎えるチャンピオンシップで、ペルジーニは前半戦締めくくりのレースで2勝目を挙げ、最高の状態でバカンスに突入する。

Tags:
125cc, 2003

Other updates you may be interested in ›