初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エリアスが好スタート

エリアスが好スタート

エリアスが好スタート

3週間前のブルノで6戦ぶりに表彰台を獲得したトニ・エリアスが、リズムを取り戻したかのように勢いをエストリルに持ち込んだ。午前中のフリー走行からトップタイムをマークするスパニッシュライダーは、初タイトルへのチャレンジをアピールする暫定ポールポジションを奪取。ブルノの覇者ランディ・ド・ピュニエに0.481秒差と大きくリードし、決勝レースに向けてアプリリアのセットアップに専念した。

マヌエル・ポジャーリとロベルト・ロルフォが3番手と4番手に入り、暫定フロントローを獲得。フォンシ・ニエトが5番手に入り、タイトルを争うトップ5が上位を順当に確保した。

セバスチャン・ポルトは残り15分のところでクラッシュを喫したが、コースに復帰して6番手のラップタイムをマーク。カンペテーラ・レーシングのシルヴァン・ギュントーリとフランコ・バッターニが暫定セカンドローに並べば、昨年のリベンジに挑む松戸直樹は9番手に終わった。

Tags:
250cc, 2003, Grande Premio Marlboro de Portugal

Other updates you may be interested in ›