初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

予選初日 125ccクラス主役たちのインタビュー

予選初日 125ccクラス主役たちのインタビュー

予選初日 125ccクラス主役たちのインタビュー

暫定PP アレックス・デ・アンジェリス:
「サスペンションをセッション前に多少変更し、上手く行った。本当に素晴らしい仕事をするチームと最良の関係があり、バイクはとても戦闘能力がある。また、トップに立つことが出来て嬉しいよ。」

2位 ダニ・ペドロサ:
「今日の午後に、サスペンションに少し問題があったけど、適切なセッティングが決まり、ポジションをアップすることができた。ラップタイムは風に大きく影響される。強風で、特にコーナーを走行中の突風はとても危険だ。」

転倒 ケーシー・ストーナー:
「バイクが負傷している肩の上に落ちてきた。ブルノで骨折した鎖骨に直撃した。とても痛い。走りたいけど、ドクターは明日も同じような状態なら手術が必要だと告げた。99%の確率で走らないけど、明日の様子を見たい。」

Tags:
125cc, 2003, Gran Premio Marlboro de la Comunitat Valenciana

Other updates you may be interested in ›