初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

メランドリが初めてヤマハ勢のトップに

メランドリが初めてヤマハ勢のトップに

メランドリが初めてヤマハ勢のトップに

ルーキー、マルコ・メランドリが高い要求が強いられる最高峰クラスで、実力を発揮し始めている。そして、シリーズ第11戦ポルトガルGPでは、遂にヤマハ勢最高位としてチェッカーフラッグを受けた。

02年250ccクラス王者は、デビュー戦となった開幕日本GPの初日フリー走行でタイヤバリアに激突。序盤戦は負傷により、100%のフィジカルコンディションでグランプリに臨めなかったが、シーズン中盤に入ると王者としての実力をアピールしてきた。

同時にM1を乗りこなすようになると、第8戦イギリスGPでは初のフロントロー3番グリッドを奪取。そして、欧州ラウンド最後のポルトガルGPでは5人のヤマハオフィシャルライダーのトップに立った。

「とても嬉しいよ。バイクは良く走っていたし、40秒台から39秒台といいペースをキープすることができた。その一方で少し残念だったのは、右腕に問題があり、ブレーキングが思うようにできなかった。原因が分かっているから、もう2度と起こらないようにしないと。それにしても、いいレースだったし、楽しかった。

レースでは今まで以上にいい走りができると分かっていた。週末ずっとコース終盤のコーナーリングに問題があったけど、ウォーウアップの時にセッティングをいくつか変更して解決できた。いいリズムで走れたことで、これからのレースに向けていい感触を得た。それに、ヤマハ勢で最高位になれたことも嬉しいね。」

Tags:
MotoGP, 2003, Marco Melandri

Other updates you may be interested in ›