初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

モリワキがモテギにワイルドカード参戦を発表

モリワキがモテギにワイルドカード参戦を発表

モリワキがモテギにワイルドカード参戦を発表

モリワキエンジニアリングが、シリーズ第13戦パシフィックGPもてぎにワイルドカードとして参戦することを発表した。

2004年シーズンからのフル参戦を目指し、既にシーズン開幕戦日本GPにデビューを果たしたモリワキ。今回の参戦により、ホンダRC211VのV型5気筒エンジンを搭載し、モリワキエンジリアが独自に開発したMD211FVの完成度を図るとともに、実戦テストを通して他のファクトリーマシンに挑戦する。ライダーには、前回同様に開発ライダーの芹沢太麻樹を起用する。

チーム監督の森脇護はワイルドカード参戦にあたり、「先日行ったツインリンクもてぎでのテストで車両の飛躍的な進歩が見られた。前回テストの問題点を改善できる対策案を施し確信して望んだテストであり、自分の考えの方向性が間違っていなかったという証明を得ました。トータルな完成度から考えると、まだまだ解決しなければいけない点はありますが、パシフィックグランプリまでに問題を解決し、鈴鹿の日本グランプリとは違った目標を持ってMotoGPに挑戦したいと思います。今回の参戦はあくまで2004年のフル参戦を睨んでの挑戦であり、マシンはまだ開発中ですが、モテギでの結果を貪欲に求めてみたいと思います。ご声援よろしくお願い致します。」と話した。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›