初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソがデルビ関係者に優勝報告

ロレンソがデルビ関係者に優勝報告

ロレンソがデルビ関係者に優勝報告

ホルヘ・ロレンソが22日、スペイン帰国と同時にバルセロナ郊外のデルビ工場を訪問。関係者たちへ感謝の挨拶回りを行い、初優勝を一緒に祝った。

「たくさんの苦労があったけど、遂に僕たちの目標を達成できた。」とシリーズ第12戦リオGP覇者のロレンソは語る。「夢にまで見た以上の初優勝だ。チーム体制発表会の時に宣言したように、今シーズンの目標は安定してトップ10入りすること。そして、シーズン終了までに表彰台を獲得することだった。優勝した今はまるで雲の上にいる気分だよ。だけど、もっと勝ちたいし、いつの日か、世界チャンピオンになることが生涯の夢なんだ。だから、一生懸命に働くよ。そしてチャンピオンになるんだ。」

2003年シーズンを通じて、MotoGPファンは17歳ダニ・ペドロサの熟成した走りを見た。同様に16歳エクトル・バルベラの初優勝を目撃した。しかし、最も早熟したライダーはロレンソであろう。昨シーズンの第3戦スペインGPで15歳と1日でデビューを飾りると、第6戦カタルーニャGPでは15歳と42日で初ポイントを獲得。次々に最年少記録を塗り替えた。

今シーズンは戦闘力が劣るバイクとの葛藤が続いているが、リオGPでは16歳と139日で初優勝を果たし、マルコ・メランドリ(15歳と324日)に次ぐ歴代最年少優勝者ランキング2位に浮上した。

Tags:
125cc, 2003, Jorge Lorenzo

Other updates you may be interested in ›