初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

予選2日目 MotoGPクラスフロントローライダーのインタビュー

予選2日目 MotoGPクラスフロントローライダーのインタビュー

予選2日目 MotoGPクラスフロントローライダーのインタビュー

PP マックス・ビアッジ:
「今日はこのコースで、僕たちは速く走れるコンディションがたくさんあった。とても戦闘的だったし、興奮したよ。明日はエンジョイできるだろう。日本はいつも特別な雰囲気なんだ。タマダに感謝しないと。本当に速かった。いいリズムだし、好きなようにライディングできるから満足しているし、嬉しい。ブルノから気分良く乗れている。サポートしてくれるチームに、ホンダに、キャメルに感謝したい。今日はサスペンションのセッティングに取り組んだ。」

3番グリッド バレンティーノ・ロッシ:
「レースに向けてのセッティング調整に取り組み、いいリズムで走ることができた。解決しなければならない細かいところが残っているけど、まだウォーミングアップが残っている。普通はソウトタイヤでラップタイムを狙うけど、あまりにも早く履いてしまったから、ラスト5分は酷い状態だった。」

4番グリッド セテ・ジベルナウ:
「体調が悪すぎる。熱があるし、集中力を持続するのに苦労する。メディカルルームで注射を打ったのは良かったけど、明日までに回復しないようだと、大変だ。とにかく、1ラップだけ速く走れ、フロントローを確保できた。これからホテルに戻って休む。好きなように戦えるように回復したい。」

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›