初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヘイデン、自力で表彰台を狙う

ヘイデン、自力で表彰台を狙う

ヘイデン、自力で表彰台を狙う

王者バレンティーノ・ロッシとピットを共有し、近年圧倒的な支配を誇るマシンを駆けることは、強大なプレッシャーがライダーにかかることは容易に想像ができる。

そのような環境の中、ルーキーのニッキー・ヘイデンは徐々に頭角を現し、ポテンシャルとタレント性を最高峰舞台で示し始めてきた。22歳のアメリカンヤングライダーは、世界最強のライダーたちに臆することなく挑戦を繰り返し、前戦パシフィックGPでは自己ベストリザルトを獲得。今、シーズン末までに再び表彰台獲得を狙う。

「全てが順調に行っているよ。バイクはいいし、チームはハードに仕事をしている。」と話すアメリカンライダー。「ここ数戦は信じられないよ。これからは最速ライダーたちと一緒に走ることができる。セパンは冬季のテスト期間中に走り込んだから、速いペースで走れる。今は本当に表彰台に上がり、栄光の美酒に酔いたいね。昨年はAMAアメリカ選手権で頻繁にフロントローからスタートしたし、たくさんのレースに勝った。ほとんどのレースで、トップでフィニッシュしたんだ。長い間、上位から遠ざかっていたけど、だいぶ接近してきた。残り僅か3戦。テストを実施したサーキットが続くから、早く走りたい。」

ヘイデンは現在ランキング7位。6位の宇川徹に2ポイント差、5位のトロイ・ベイリスに11ポイント差と急接近している。

Tags:
MotoGP, 2003, Nicky Hayden

Other updates you may be interested in ›