初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソが初のポールポジション奪取

ロレンソが初のポールポジション奪取

ロレンソが初のポールポジション奪取

シリーズ第14戦マレーシアGPの予選2日目が11日、セパン・サーキットで行われ、3週間前に歴史的な優勝を飾った若干16歳のホルヘ・ロレンソがGP参戦28戦目にして、初のポールポジションを奪取した。

気温31度、路面温度45度のドライコンディションの中、セッション残り10分の切ったところでスティービ・イェンクナーが15秒台を突破するとケーシー・ストーナー、アンドレア・ドビツィオーゾ、トーマス・ルティ、ダニ・ペドロサが次々に14秒台に突入する。そして、残り1分にロレンソが予選初日の自己タイムを1.803秒更新。デルビに01年最終戦リオGP以来の予選ベストグリッドをもたらした。

ペドロサは3戦連続のポールポジションを逃したが、初タイトル獲得に向けて2番グリッドを確保。タイトル獲得のライバルとなるポイントランキング2位のステファーノ・ペルジーニは9番グリッド、3列目に留まった。

ミカ・カリオが自己最高位グリッド獲得と同時にKTMに初のフロントローをもたらし、昨日はクラッシュにより僅か3ラップしか走行できなかったストーナーが第5戦イタリアGP以来のフロントローを獲得。シーズン初めて4メーカーがフロントローに並んだ。

セカンドローにはイェンクナー、ルティ、パブロ・ニエト、ドビツィオーゾが並び、暫定2位と3位だったミルコ・ジャンサンティと東雅雄は初日のタイムを更新できず、それぞれ11番、12番グリッド。宇井陽一も更新できず23番グリッドから明日の決勝を迎える。

Tags:
125cc, 2003, Marlboro Malaysian Motorcycle Grand Prix

Other updates you may be interested in ›