初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝 250ccクラス トップ3のインタビュー

決勝 250ccクラス トップ3のインタビュー

決勝 250ccクラス トップ3のインタビュー

優勝 トニ・エリアス:
「チャンピオンシップの状況は少し良くなった。今日のレースは日本のレースとすごく似ていた。他のライダーたちに数秒のアドバンテェージをつけ、他のライダーは僕に追走できなかった。ヘルプしてくれたフォンシに感謝したい。パーフェクトなウィークエンドだった。僕たちはまだタイトルの可能性があるけど、この流れをキープしなければならない。」

2位 マヌエル・ポジャーリ:
「いいスタートが切れず、フォンシをパスした時には、トニとの差が大きく、追いかけることができなかった。昨日とは気象コンディションが異なったので、タイヤに問題があった。2位になれたのはラッキーだった。」

3位 フォンシ・ニエト:
「レース前にチームオーダーがあり、やるべきことは分かっていた。序盤はトニをサポートするため、彼が数秒でもアドバンテェージを得るために、遅いリズムで走った。終盤にはフロントタイヤが消耗し切ってしまい、ブレーキが困難になってしまった。勝つために走りたかったから、100%の満足感はないけど、チームにとっては非常にいいリザルトだ。最終戦のバレンシアGPまで、僕はトニをサポートして行く。チャンピオンシップを戦うチャンスがあることを願う。」

Tags:
250cc, 2003, Marlboro Malaysian Motorcycle Grand Prix

Other updates you may be interested in ›