初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

シリーズ第15戦オーストラリアGP MotoGPクラス統計&データー

シリーズ第15戦オーストラリアGP MotoGPクラス統計&データー

シリーズ第15戦オーストラリアGP MotoGPクラス統計&データー

バレンティーノ・ロッシ: 昨年のポールポジションタイムを1.851秒更新し、シーズン8度目のトップグリッド奪取。
最高峰クラスで18度のポールポジションスタートから通算14勝をマーク。
もしトップ3以内でフィニッシュすれば、21戦連続の表彰台獲得となり、歴代トップのジャコム・アゴスティーニが樹立した22戦連続に、あと1戦に迫る。

トップ17: 予選トップ17までが昨年のポールポジションタイムを更新。

ロリス・カピロッシ: 最高峰クラス参戦50戦目。

セテ・ジベルナウ: もし14位以上でフィニッシュすれば、歴代最多ポイント獲得のランキング2位となる。

トロイ・ベイリス: 昨年、スーパーバイク世界選手権で2レースを制す。フロントローは第3戦スペインGP以来シーズン2度目。

ニッキー・ヘイデン: 第13戦パシフィックGPに続く、予選ベストタイの5番グリッド。

マックス・ビアッジ: フロントローを逃したのはシーズン3度目(ル・マン5番グリッド、カタルーニャ9番グリッド、フィリップアイランド6番グリッド)。

マルコ・メランドリ: ヤマハ勢でトップグリッド。

宇川徹: 昨年のオーストラリアGP以来、表彰台なし。

ジェリミー・マクウィリアムス: プロトンKRの4ストロークマシンにベストグリップをもたらす。昨年、プロトン2ストロークマシンで樹立したポールポジションタイムよりも約0.5秒更新。

ギャリー・マッコイ: シーズンベストの12番グリッドにより、カワサキ4ストロークマシンのベストグリッドをもたらす。

Tags:
MotoGP, 2003, SKYY VODKA Australian Grand Prix

Other updates you may be interested in ›