初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ、順調に回復

ペドロサ、順調に回復

ペドロサ、順調に回復

新125ccクラス王者ダニ・ペドロサが、メルボルン市内の入院先で、事故当日に受けた手術から順調に回復。22日に再検査を受け、スペインへの帰国予定が決定する。

シリーズ第15戦オーストラリアGPのフリー走行1回目にクラッシュを喫したペドロサは、左足のけい骨と距骨(かかとの骨)、右足の内くるぶしを骨折。緊急手術を受けた。また、当初は背中の負傷も心配され、プロテクターで身体の可動域を制限していたが、診断の結果、無傷であることが判明した。

21日午後、グランプリ前日にタイトル獲得を祝福するため、フィリップアイランド入りしていたスパニッシュライダーの父親と実弟が所属チームと一緒に帰国。早速、今週末に予定されているペドロサの帰国準備の調整に取り組んだ。予定ではRACC(カタルーニャ・オートモービル・クラブ)のプライベート飛行機をイギリスに待機。同機には2人の医師を同行され、オーストラリアから到着する旅客機からのスムーズな乗り換えを行う。入院先の病院には、母親とチーム監督のアルベルト・プーチがアクシデント直後から付き添っており、新王者と一緒に帰国する予定である。

Tags:
125cc, 2003, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›