初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ベイリスがモナコに無事帰宅

ベイリスがモナコに無事帰宅

ベイリスがモナコに無事帰宅

トロイ・ベイリスがオーストラリアから長い旅路を経て、欧州の拠点モナコに帰宅した。4日前の母国グランプリ決勝では、トップ争いを繰り広げていた4ラップ目にマシンコントロールを失いハードクラッシュを喫したが、精密検査の結果、何も問題なく、直ぐに収容された病院を退院。愛妻キムとミッチとアビー、そして1ヶ月前に生まれたばかりの次男オリベーに3週間ぶりに再会した。

「いいスタートができたが、3ラップ終了後には全てが台無しになってしまった。」と4番グリッドからスタートしたベイリスは説明する。「皆も目撃したと思うけど、何もスペクタクロなことではない。頭に衝撃を受け、一瞬記憶を失ってしまった。メディカルセンターで目が覚め、僕はOKだと思ったんだけど、ドクターたちがレントゲンとCATスキャンを受けることを薦めた。友人であり、マネージャーであるダレルも同行してくれて、メルボルン市内の病院にヘリコプターで行った。彼は僕の脳のレントゲンを見て面白がっていたけど、ドクターたちは良好だと診断してくれた。」

3週連続の『フライウェイ』後、ベイリスは久々に家族との再会を楽しんでいる。「ミッチとアビーは大きく成長したけど、オリー(オリベー)は僕が誰だか分からなかった。僕たちの愛犬モリーには、時間の感覚がないようだ。3時間も3週間も会っていなくても、いつものようなだったよ。」

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›