初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

予選初日 250ccクラス暫定フロントローライダーのインタビュー

予選初日 250ccクラス暫定フロントローライダーのインタビュー

予選初日 250ccクラス暫定フロントローライダーのインタビュー

暫定PP ランディ・ド・ピュニエ:
「セッション前半はレースに向けてバイクのセットアップをしたけど、ギュントーリがポールポジションにいるのを見て、ハードにプッシュした。フランス人同士のポールバトルは楽しかった。アプリリアにとってホンダとのタイトルを賭けた重要なレースであることは理解しているが、僕は自分のレースをやりに行く。そして勝ちに行く。」

2番手 シルヴァン・ギュントーリ:
「今日はチームが僕にグレートなバイクを準備してくれた。ファイナルまであと数ラップまでポールをキープした。とてもハッピーだ。シーズンをスタートしてからのベストセッションだった。」

3番手 フランコ・バッタイーニ:
「セッション終了間際のクラッシュする前まで、順調だった。残念だったけど、バイクはいい。明日はもっと良くなるだろう。」

4番手 マヌエル・ポジャーリ:
「クリニック・モービルのおかげで、体調はいい。熱は下がったし、最悪な時期は過ぎた。今日はハードな1日だったけど、同時にポジティブだった。午前中はウェットで馬鹿げたミスを犯し、1コーナー手前でコントロールを失って転倒してしまった。セカンドマシンに乗り換えたが、フィーリングが同じじゃなかった。午後はドライになり、状況が改善。ここで冬季テストを実施したから、セッティングはほぼパーフェクトだ。簡単に良くなって行けるけど、初日としてはこれ以上はない。」

Tags:
250cc, 2003, Gran Premio Marlboro de la Comunitat Valenciana

Other updates you may be interested in ›