初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カピロッシが通算200戦達成

カピロッシが通算200戦達成

カピロッシが通算200戦達成

ロリス・カピロッシが最終戦バレンシアGPで、グランプリ通算200戦目を表彰台3位で飾った。

イタリアンライダーは、1990年と1991年に125ccクラスを、1998年に250ccクラスを制覇。2003年シーズンはMotoGPクラスのランク4位を獲得するなど、11年間のチャンピオンシップで、常にトップ10以内をキープしている。

カピロッシは17歳の誕生日10日前に、1990年開幕戦日本GPでGPデビューを果たすと、そのGP初レースを6位で飾った。

初優勝はデビュー戦から10戦目となるイギリスGP。当時の歴代最年少優勝(17歳と123日)を飾れば、デビューシーズンにタイトルを獲得。現在も記録を保持する歴代最年少王者(17歳165日)に輝いた。

2年連続125ccクラスを制覇したカピロッシは、1992年に250ccクラスにステップ。3シーズン間で7勝を上げ、1995年には500ccクラスにチャレンジ。1996年には、デビューから所属していたホンダからヤマハに移籍。オーストラリアGPでは史上7人目となる3クラスでの優勝を果たした。

1997年、アプリリアから再び250ccクラスに挑戦。翌1998年には3度目となるタイトルを獲得した。

2000年に再びホンダから500ccクラスに参戦。今シーズンから新規参戦のドゥカティへ移籍すると、第6戦カタルーニャGPでは最高峰クラスにおける史上6人目(アゴスティーニ、ロッシ、ビアッジ、バロス、ジベルナウ)となる2、4ストロークマシンでの優勝を果たした。

30歳のカピロッシは、通算200戦目に達した史上最年少ライダーとなった。

Tags:
MotoGP, 2003, Loris Capirossi

Other updates you may be interested in ›