初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシの共同記者会見の全訳

ロッシの共同記者会見の全訳

ロッシの共同記者会見の全訳

バレンティーノ・ロッシが最終戦バレンシアGP後の2日、ホンダとの延長契約を結ばないことを発表。その全発言の翻訳は次のとおり。

「ホンダに感謝しなければいけない。来年一緒にレースを戦わないのは本当だ。この4年間は僕にとって素晴らしい時だった。一緒に参戦した約50%のレースに勝ってきた。僅か4年間だったけど、もっと長い時間を過ごしたような感じがする。」

「2000年に、この挑戦は500ccクラスで幾つかの問題を解決することからスタートした。その後のHRCとの仕事は素晴らしかった。ライダーとしては、まるで夢のようだ。もし適切な情報を供給できる能力があれば、エンジニアたちは全ての変更を可能にすることができる。」

「1年目にはチャンピオンシップの2位を獲得できたし、誰よりも表彰台を多く獲得できた。」

「翌年、6、7年前の旧型から新型NSRで参戦。僕たちは11勝とチャンピオンシップを制覇した。500ccクラスのラストシーズンとして、グレートなチャンピオンシップだった。500ccマシンはこのスポーツのストーリーだ。500ccのラストレースで優勝できたことは夢のようだった。おそらく、僕のキャリアの中でもベストレースの1つであろう。」

「新たに契約を締結した後、僕たちは4ストロークで0からスタートした。2001年8月、鈴鹿で初試乗した。その時点で良いバイクだったが、500ccと同様に好バイクになるのだろうかと最初に質問した。それほど速くなかったからだ。だけど、僕たちはハードに仕事をして、初レースには準備が整っていた。シーズン終盤、ヤマハが同レベルになったが、僕たちは冬期テストで良いステップを踏み、今シーズンは良い形で発進した。」

「今年は僕にとってグレートだった。僕たちはたくさんの感動的なレースをマークした。いいチャンピオンシップの後半戦だった。セパンの後のある時点で、チェンジするアイディアに辿り着いた。なぜなら、通常のコンディションで、ウェットで、ドライで、得意のコースで、そして今日のようなそれほど得意でないコースで勝利を収めてきたからだ。このバイクでの僕の仕事は終わった。」

「だから来年は僕たちは一緒にレースを行わない。僕は新しい挑戦にトライするんだ。おそらく、この選択は現時点では少し狂気かもしれない。来年、可能か、そうでないか、見てみよう。全てのファンは喜ぶと思う。グレートなショーとなるだろう!HRCのエンジニアたちとホンダの僕の友人たちへ、サンキュー。」

Tags:
MotoGP, 2003, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›