初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

青山博一:「来年は世界に挑む気持ちは固まっています」

青山博一:「来年は世界に挑む気持ちは固まっています」

青山博一:「来年は世界に挑む気持ちは固まっています」

全日本選手権を代表するライダー、青山博一が来シーズンは世界にステップする意志をmotograndprix.comに語った。

今シーズンは全日本選手権250ccクラスの初タイトル獲得を始め、ワイルドカードライダーとして参戦した開幕戦日本GPでは2位。シリーズ第13戦パシフィックGPでは5位でフィニッシュするなど、世界にアピールする走りを披露。過去に全日本から世界に飛び立ち、輝かしい経歴を残してきた原田哲也、宇川徹、中野真矢、そして加藤大治郎に続く、日本期待のヤングライダーとして高評価を集めている。

「ずっとGPに行くことを考えていました。そのためには何が必要なのか考え、全日本でチャンピオンを獲得することが重要だと判断しました。そして今年、その考えを実行しました。」と話す青山。「僕の目標はMotoGPチャンピオンになることです。そのためには、全日本のタイトル獲得、250ccクラスへのステップ、250ccクラス制覇、そしてMotoGPへとステップを踏まなければなりませんが、まずは今年、1つの目標を達成しました。また、目標を達成するためにスケジュールの合間を縫って、英語やフィジカルトレーニングをできる限り取り組んでいます。」

青山はシーズン最終戦バレンシアGPが開催されたリカルド・トレモ・サーキットを初訪問。初めて海外でのMotoGPを体験した。「衝撃的でした。サーキットも町全体の雰囲気も日本とはあまりに違います。ますますチャレンジしたいという気持ちが高まりました。」

そして、注目の来年の動向について、「僕の中では来年、世界に挑む気持ちは固まっています。僕の考えをホンダと所属しているハルクプロに伝えてあり、動いてくれています。」と語った。

Tags:
250cc, 2003, Hiroshi Aoyama

Other updates you may be interested in ›