初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ジャック、不参戦を表明

ジャック、不参戦を表明

ジャック、不参戦を表明

オリビエ・ジャックが来シーズン、不参戦することを発表した。

2000年に250ccクラスのタイトルを獲得し、最高峰クラスで3シーズン間参戦してきたフランス人ライダーは、複数のMotoGPチームと交渉を行ってきたが、合意に至らず、最終的に期待通りのマシンで参戦する可能性がなくなったことを説明した。

「平凡の成績しか上げられず、失望に苦悩しながら走る危険性の前に、オリビエ・ジャックはMotoGPへのキャリアを一時的に打ち切る決断をしました。」とジャックの個人オフィスからのプレスリリースが4日に配信された。

30歳のフランス人ライダーは、「2004年シーズンに参戦しないことを、早期に解決することを決心した。」と説明する。「もしシーズン中に代理の可能性があれば、受けないとは言わない。どうなるか見てみよう。しかし、今のMotoGPの現状ではチャンスが不足している。(チーム探しのための)行動を控えることにしたいし、他の競技のライディングを楽しみたい。僕にとっては新鮮なことだ。だけど、最高峰のレベルに挑みたい。12月の1ヶ月間はフランス国内と海外での仕事が詰まっている。世界で最重要な二輪のチャンピオンシップの開幕戦にフランス人ライダーがいない。二輪の世界にとっても、フランスのスポーツ全般にとっても、悲しいことだ。MotoGPを寂しく思うけど、エキストラ(端役)の仕事をするつもりはない。」

ジャックは今シーズン、ゴロワーズ・ヤマハからフル参戦。地元フランスGPで最高位4位を獲得し、ランク12位に終わった。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›