初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ビアッジ、タイトル候補であることを肯定

ビアッジ、タイトル候補であることを肯定

ビアッジ、タイトル候補であることを肯定

多くのイタリア人ライダーたちが姿を見せたボローニア・モーターショー。来シーズンに関しての様々な予想が飛び交い、マルコ・メランドリはセテ・ジベルナウとロリス・カピロッシがタイトル有力候補であると私見を述べれば、マックス・ビアッジはバレンティーノ・ロッシとビアッジ本人の名前を候補者リストにノミネートした。

「来シーズンに関して、僕は楽観している。」と肯定するビアッジ。「近年で最も接戦になり、素晴らしいシーズンとなると思う。僕はタイトル候補の1人であり、バレンティーノ・ロッシ、ロリス・カピロッシ、セテ・ジネベルナウと闘うだろう。好スタートを切り、他と同じマテリアルが使用できることを期待している。HRCの金沢氏が来シーズン、6人のホンダライダーにテクニカル面では全て同等であることを肯定した。これは根本的なことである。今シーズンはHRCチームとは違いがあった。来シーズンは特別に1人のライダーに特別なマテリアルを提供することはないだろう。テストが待ち遠しい。」

「他のライダーたちとの対戦に一度も恐れたことはない。」とロッシとのライバル関係についての質問に答えた。「レースは僕を興奮させる。他のライダーとの違いは、走り始めたのがとても遅かったことだ。18歳の時に父親と小さなトレーラーにバイクを積んで、レースに参加した。僕よりも強いライダーがたくさんいたけど、僕は勝った。特に優勝賞品が次のレースのためのニュータイヤだった時にはハッピーだった。キャリアはそこから直ぐに始まり、頻繁に勝った。レースをするには、すごく若いときからスタートすることが絶対に必要ではないけど、近年はそれが流行だ。」

ビアッジは現状のレース用マシンには電気系統が重要であることを示した。「電気系統が全てだ。全ては日本から来る技術士の手中にある。彼らなしでは、マシンは始動しない。MotoGPマシンは技術の集大成である。」

また、ライディング中に恐怖を感じることがあると述べた。「モータースポーツの世界では、まれに恐怖について話題になる。今年はカトウのアクシデントが起こった時に警戒するような感じがあった。」

Tags:
MotoGP, 2003, Max Biaggi

Other updates you may be interested in ›