初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アスパル・チームの4人、ヘレス・テストに手応え

アスパル・チームの4人、ヘレス・テストに手応え

アスパル・チームの4人、ヘレス・テストに手応え

アスパル・チームは、イベリア半島を襲った寒気の影響で冷え込んだヘレス・サーキットで24日から2日間のテストを実施。セルジオ・ガデア、エクトル・ファウベル、ジョルディ・カルチャノ、フリアン・ミラーリェスの4人は05年シーズンに向けて本格的なテストをスタートさせた。

マステル・アスパル・チームに所属するガデアとファウベルは、初日こそ霧の影響により、昼過ぎからのテストとなったが、2番手と3番手のラップタイムで好発進した。

「今回のテストは、アプリリアが準備したパーツを試すのに役立った。僕たちは一歩前進した」と2シーズン目に挑戦する20歳のガデアは説明する。「天候があまり良くなかったから、速いタイムを出せなかったけど、常に上位をキープできた。これが僕の今シーズンの目標だ。開幕前に数回のテストを実施するから、もっといいタイムが出せるはずさ。」

「バイクのいいコンタクトとなった」と3シーズンの250ccクラスを経て125ccクラスに挑戦する21歳のファウベルは振り返った。「昨年、このバイクでスペイン選手権のラスト2戦に参戦したけど、準備時間のなさと、プレッシャーから100%の力を発揮できなかった。」

「今回のテストで上位陣と同レベルのタイムだったので満足。最終日に転んでしまったのは残念だけど、次回もこの調子で行きたい。」

デビューシーズンはイタリアのマテオーニ・レーシングから参戦していた20歳のカルチャノは、アスパル・ジュニア・チームに移籍。「このチームのスタッフ陣に満足している。僕の走りをとても注意深く見てくれるからだ。」

「長く走っていなかったから、この2日間で少しは身体の中に酸素を吸い込むことができた。昨年はほとんどテストなしでシーズンイン。今年はすごく早いスタートで、開幕戦に向けてしっかりと準備ができそうだ。」

04年スペイン選手権を制覇した16歳のミラーリェスは、学業と両立で世界舞台に挑戦する。「ヘルスに来るために学校を休んで来た。」

「その甲斐もあって、テストの成果は良かった。天候が悪かったけど、いいタイムで走れた。ここの人たちはすごく慌しく、仕事のペースがすごく早い。慣れないと。次のバレンシアでは、もっと仕事ができるだろう。」

Tags:
125cc, 2005

Other updates you may be interested in ›