初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:H.ファウベルがベストラップで優勝

決勝レース:H.ファウベルがベストラップで優勝

ファウベルとザルコが同着。レース中のベストラップにより、ファウベルがシーズン初優勝を飾れば、ザルコ、ビニャーレスが表彰台を獲得。ポイントリーダーのテロールは4位。地元ドイツ勢ではフォルガーが7位に入った。

第9戦ドイツGPの決勝レースは17日、ザクセンリンク・サーキットで行われ、エクトル・ファウベルが優勝を飾った。

気温24度。路面温度33度のドライコンディションの中、2番グリッドのファウベル、6番グリッドのヨハン・ザルコ、ポールポジションのマーベリック・ビニャーレスが優勝争いを展開。

ファウベルとヨハン・ザルコが同着でフィニッシュしたが、レース中のベストラップにより、ファウベルが125ccクラスに復帰してから初優勝。2007年11月の最終戦バレンシアGP以来、通算8勝目を飾った。

ザルコは、第5戦カタルーニャGP、前戦イタリアGPに続き、初優勝を逃したが、2戦連続3度目の2位を獲得。

ビニャーレスは、0.272秒差の3位。今季5度目の表彰台を獲得した。

4番グリッドのニコラス・テロールは4位。3番グリッドのルイス・サロン、5番グリッドのセルジオ・ガデアが続いた。

9番グリッドのジョナス・フォルガーは、15番グリッドのサンドロ・コルテセ、10番グリッドのダニー・ケントとのバトルに競り勝ち、ドイツ勢最高位の7位でフィニッシュ。

14番グリッドのニコラス・アジョは、8番グリッドのアルベルト・モンカヨに競り勝って、初めてトップ10入りした。

チャンピオンシップは、テロールが13ポイントを加算。166ポイントに到達して、ポイントリーダーの座を堅守すれば、ランク2位のザルコは32ポイント差、ランク3位のビニャーレスは44ポイント差に接近した。

 

同着後、2人のベストラップで決着がついたのは、2004年10月の第13戦カタールGP以来。

Tags:
125cc, 2011, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, RAC

Other updates you may be interested in ›