Tickets purchase
VideoPass purchase

レジェンドライダー、レイニーがモトアメリカの将来を語る

レジェンドライダー、レイニーがモトアメリカの将来を語る

レジェンドライダーのレイニーが中心となり、将来世界舞台に輩出するタレントの発掘育成を目的とする北米の新設大会、『モトアメリカ・AMA/FIM・ノースアメリカン・ロードレーシング』が4月に開幕。90年代の再現に挑戦する。

500ccクラスで1990年から3連覇を達成したレジェンドライダー、ウェイン・レイニーは、クレイブ・グループと共に北米ロードレーシング・シリーズ、『モトアメリカ』を新設。国際舞台への進出を目指すアメリカ人ライダーたちを支援することを目的に、FIM国際モーターサイクリズム連盟、ドルナスポーツ、AMA全米モーターサイクル協会の支援を受けて、4月12日に第2戦アメリカズGPの併催として開幕、全9戦の開催が予定されている。

当サイトのインタビューに応えたレイニーは、「AMAスーパーバイク選手権の承認を得ることができ、我々が大会運営を担当します。スーパーバイク世界選手権に近似するために技術規定を修正しました。この変更により、現時点ではメーカーの参加者数はそれほど多くありませんが、大きな関心を集めることになりました。」

「メーカーの支援を受ける競争力が高い大会となり、私がエディ・ローソン、ケビン・シュワンツと対決したような接戦となることを期待します。我々が楽しんだ競争力の高いレースを早い時期に取り戻すことができるでしょう。」

MotoGP™世界選手権とスーパーバイク世界選手権に新たなタレントの輩出に関して、「これが目標です。MotoGP™のレースがアメリカで開催されるようになり、人気が高まりましたが、毎週末に我々のライダーが表彰台を獲得することが必要です。この目標を達成できるアメリカ人ライダーが存在することは確かです」と、当大会を通じて、発掘育成に役立つことを期待した。

Tags:
MotoGP, 2015

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

2 years ago

L.ダリーニャ、デスモセディチGP15の開発とオフィシャルテストの目的を説明

motogp.com

2 years ago

プラマック、Y.エルナンデェスの活躍に期待大

motogp.com

2 years ago

HRC、元王者ストーナーとのテスト協力を継続

motogp.com

2 years ago

ドゥカティ、初テストにデスモセディチGP14.3を投入

motogp.com

2 years ago

レッドブル・ルーキーズ・カップ、2015年の日程が決定&日本から鳥羽&佐々木が初参戦

motogp.com

2 years ago

N.ヘイデン:「母国の利益を守る責任がある」