Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By motogp.com

決勝レース:マルケスが7年連続のポール・トゥ・ウイン!

フラッグ・トゥ・フラッグの展開となった中で、総合1位のマルケスが優勝。クラッチロー、ドビツィオーソが表彰台。ロッシは8位、ロレンソは15位。

MotoGP™クラス‐決勝レース

第9戦ドイツGPの決勝レースは17日、ザクセンリンクで行われ、ポイントリーダーのマルク・マルケスがバイクを乗り換えた後に独走し、第2戦アルゼンチンGP、第3戦アメリカズGPに続き、今季3勝目。最高峰クラスで27勝目、キャリア通算53勝目、当地で2010年から7年連続のポール・トゥ・ウインを達成した。

気温21度、路面温度24度のウェットコンディションから走行ラインが乾いていく中、ウォームアップ走行で今季7度目の転倒を喫したポールポジションのマルケスは、8番手走行中の17ラップ目の終わりにバイク交換を決断。ライバルたちがインターメディエイトタイヤを選択した中、スリックタイヤを装着したRC213Vに乗り換えて、独走優勝すれば、13番グリッドのカル・クラッチローは、9.857秒差の2位。昨年4月の第3戦アルゼンチンGP以来となる通算9度目の表彰台を獲得。

7番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、11.613秒差の3位。最終ラップに逆転して、開幕戦カタルーニャGP以来となる今季2度目の表彰台を獲得すれば、15番グリッドのスコット・レディング、9番グリッドのアンドレア・イアンノーネがトップ5入り。

ウォームアップ走行で今季2度目の1番手に飛び出した10番グリッドのダニ・ペドロサは6位。16番グリッドのジャック・ミラー、3番グリッドのバレンティーノ・ロッシ、2番グリッドのエクトル・バルベラ、19番グリッドのアルバロ・バウティスタがトップ10入り。

18番グリッドのユージン・ラバティ、6番グリッドのマーベリック・ビニャーレス、14番グリッドのブラドリー・スミス、8番グリッドのアレイシ・エスパルガロが続き、ウォームアップ走行で20番手だった11番グリッドのホルヘ・ロレンソは15位。

4番グリッドのダニロ・ペトルッチと5番グリッドのポル・エスパルガロは、転倒リタイア。

ウォームアップ走行で今季6度目の転倒を喫した17番グリッドのステファン・ブラドルは、頭部を強打したことから、近郊の病院で精密検査を受けるために欠場。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのマルケスは、総合2位のロレンソに42ポイント差、総合3位のロッシに59ポイント差にアドバンテージを広げた。

次戦オーストリアGPは、レッドブル・リングで8月12日に開幕、14日に決勝レースが行われる。