Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「懸命に働いた勝利だ」

連続総合1番手に進出したオフィシャルテストを再現し、ヤマハでのデビュー戦優勝は2004年のロッシ以来。

Support for this video player will be discontinued soon.

決勝レースインタビュー

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、ヤマハでのデビュー戦となった開幕戦カタールGPの決勝レースで、ポールポジションから優勝。昨年9月の第12戦イギリスGP以来となる最高峰クラスで2勝目、通算18勝目を飾り、最高峰クラス3年目で初めてポイントリーダーに飛び出した。

「リラックスして、ペースを探し、一度適さを感じた後、前のライダーたちを捕まえに行った」

「懸命に働いた勝利だ。序盤、フィーリングが何も良くなかった。バイクが大きく滑り、その理由が解らなかった。トラックコンディションは非常に悪く、リラックスして、ペースを探すことにした。あまりガスを開けず、一度快適さを感じた後、ステップ・バイ・ステップで前のライダーたちを捕まえに行った。抜くことができるペースを掴んだけど、難しかった。目の前でイアンノーネが転んだけど、何も影響はなかった。マルクを抜いた後は、ドビツィオーソを捕まえ、可能ならばラスト数ラップで逃げることを考えた。」

「ドゥカティは信じられない。コンマ3秒差のアドバンテージがあったけど、抜き返されてしまった。理解できなかったけど、4、5コーナーで前に出る準備をして、一気に抜いた。ストレートで抜き返されたくなかったから、少しでも距離を広げたかった。」

「これから2戦はホンダにとって良い。僕たちは強力になり、この調子で行かないといけない。僕たちは素晴らしい仕事をした。レースでは右肩上がりで、すごく楽しかった。週末を通じて素晴らしい仕事をしてくれたチームに感謝したい」と、緒戦優勝を振り返った。

See you in Argentina!???? // @maverickvinales25 #QatarGP #MotoGP #winnerwinnerchickendinner

MotoGPさん(@motogp)がシェアした投稿 -