Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By Aprilia Racing Team Gresini

エスパルガロ兄「優勝者からのギャップが嬉しい」

アプリリアが2015年に復帰してから最短ギャップとなる6.9秒差でフィニッシュ。開幕戦以来の最高位を獲得。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアレイシ・エスパルガロは、第14戦アラゴンGPの決勝レースで、フロント、リア共にミディアムコンパウンドのタイヤを選択。3列目8番グリッドからセカンドグループ内でのバトルを繰り広げ、開幕戦カタールGP以来となるベストリザルトタイの6位を獲得した。

「みんなが楽しんでくれたと思う。最高峰クラスで、こんなに沢山のライダーたちが接近することは、頻繁にない。ハードなレースだったけど、楽しかった。レース中には、バレンティーノとマーベリックと一緒に4位争いができると考えたけど、残り数ラップとなったところで、彼らがペースを上げたから、僕はポジションを維持しなければいけなかった。」

「とにかく、6位に満足。特に優勝者からのギャップが嬉しい。僕たちは絶えず改良が進み、そのことを週末ごとに実証している。レースリザルトを安定して残していないことは残念だけど、残り4戦は僕のお気に入りのトラックだから、今シーズンを上手く締め括ろう」と、会心の笑みで今季最高位を喜んだ。

Good job @aprilia_official P6 ????

Aleix Espargaroさん(@aleixespargaro)がシェアした投稿 -

最高峰クラスに参戦するライダーたちのオフィシャルマーチャンダイズをチェックしよう!