Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Octo Pramac Racing

ペトルッチ「シーズンのワーストレースだ」

日本GPでレースの主導権を握って3位表彰台を獲得してから1週間後、ポイント圏外の21位で完走。

オクト・プラマック・レーシングのダニロ・ペトルッチは、前戦日本GPで今季4度目の表彰台となる3位を獲得した後、フル参戦を開始した2012年から毎年ポイント圏内に進出、昨年の9位が最高位だったフィリップアイランド・サーキットに乗り込むと、初日のフリー走行1から16番手、17番手、5番手、16番手。公式予選1で8番手。ウォームアップ走行で7番手。

6列目18番グリッドからスタートした決勝レースは、最後尾の22位だった負傷代役のブロック・パークを除く、レギュライダーの中で最後尾となる48秒差の21位で完走。

「シーズンのワーストレースだ。戦闘力を引き出せなかった理由が解らない。説明することができない。大好きなトラック、セパンが1週間後に開催されることは幸運だ。今週末は一刻も早く忘れたい」と、落ち込んだが、次戦マレーシアGPに向けて気持ちを切り替えた。