Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By motogp.com

エアバックの着用義務

昨年10月に発表されたエアバックシステムの技術規則を18年シーズンから施行。

Tags MotoGP, 2018

チャンピオンシップは11日、18年シーズンから全クラスに参戦するライダーたちが着用するレーススーツにエアバックシステムの装備を義務付けることを発表。レギュラーライダーたちは、全セッションでの着用が義務となるが、ワイルドカードライダーは着用が免除され、代役参戦のライダーに対しては、最初の2戦のみ免除されるが、3戦目から義務となる。

エアバックシステムは、最低でも肩と鎖骨を保護。背面に関しては、全面、または中心部の保護をオプションとするが、レーススーツを製造するメーカーが背面の保護を提供する場合には、全面を保護しなければいけない。

各エアバックシステムは、規則の遵守を確認するために、一連の試験に合格する必要があり、ライダーがさらに危険とならないように配慮するため、バッテリーから電子機器、膨張時間まで企画に適合しなければいけない。エアバックが動作する場合、ライダーを危険にもたらすことなく、バイクのコントロールに影響を及ぼしてはいけない。さらに、エアバックシステムは、バイクに追加する部品を必要とせず、ライダーがバイクに拘束されないようにしなければいけない。