Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Ángel Nieto Team

バウティスタ「ガソリンが無くなってしまった」

タイムアタックもレースシミュレーションも出来ず、ポテンシャルを発揮出来ず、20番手に後退。

アンヘル・ニエト・チームのアルバロ・バウティスタは、チャーン・インターナショナル・サーキットで開催されたオフィシャルテスト3日目、最終日に6度のコースインで37ラップを周回すると、1分31秒台を11回記録。トップタイムから1.705秒差の20番手、2日目のタイムで総合17番手。

「もっと走りたかったけど、、ガソリンが無くなってしまった。レースシミュレーションを実行したかったけど、2ラップ目に問題が発生してしまった。ポテンシャルを発揮できなかったことが悔しい」

「フロントが悪くならずに、リアを大きく改良することができた。まだ限界に到達していない。GP16とは違い、より大きな自信を与えてくれ、同じバイクを走らせるライダーたちが、戦闘的なタイムをマークしたから、僕たちもできるはずだ。この調子で、カタールでさらに一歩前進しよう。」

「ポジティブなテストとなったことが嬉しい。2日目の午後に見つかったセットアップで、フィーリングが大きく良くなった。いつも苦労していたミディアムタイヤを履いて、グッドなリズムで走ることができた。グリップが大きく良くなった。」

「最終日の午前中、理論上では、コンディションが2日目よりも良いはずなのに、同じように走れず、気温が上昇してから、上手く走れるようになり始めた。いつもとは反対のことが起きてしまったから、収集したデータの検証が必要だ。」

「午前中は、もっと走りたかったけど、1日目と2日目に、あれほど多くに周回を走ることを予定していなかったから、ガソリンが無くなってしまった。午後は、走り出して直ぐにすごく良い感じがあり、グリップがあり、無理せずに、今回のベストラップをマークした。レースシミュレーションを実行したかったけど、2ラップ目に問題が発生してしまった。ポテンシャルを発揮できなかったことが悔しい。全てのテストプログラムを消化できなかったけど、今回のテストが嬉しい」と、3日間で204ラップを周回した後、20番手に後退した理由を説明した。

オフィシャルテスト (パーソナルリザルト)
1日目: 1分31秒525 (14番手/84ラップ)
2日目: 1分30秒883 (13番手/89ラップ)
3日目: 1分31秒486 (20番手/37ラップ)

オフィシャルテスト
1日目: 1分30秒797 (カル・クラッチロー)
2日目: 1分29秒969 (マルク・マルケス)
3日目: 1分29秒781 (ダニ・ペドロサ)