初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By Aprilia Racing Team Gresini

アプリリアがイタリアで空洞試験

タイでのオフィシャルテスト後、エアロダイナミクスの開発を目的にイタリアに直行。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニは、チャーン・インターナショナル・サーキットで開催された今年2度目のオフィシャルテスト後、イタリア・ペルージャ市内の大学に直行。アレイシ・エスパルガロとスコット・レディングがエアロダイナミクスの向上を目的に空洞試験に取り組んだ。

アプリリア・レーシング・マネージャーのロマーノ・アルベシアーノは、「空力の研究は、今日のバイク開発において不可欠な要素です。ウィングレットは、最も目に見える表現であるだけでなく、レベルの非常に高い競技においては、細かいディテールが決定的な要因となります。」

「アレイシとスコットは体格が非常に異なることから、効率を最適化するために多様な空力の改良が必要となります。空洞試験は、トラック上で直接実行されるコンピューターシミュレーションやチェックが含まれた空力研究の一部です。エアロダイナイックスパッケージの最初のバージョンをカタールに持ち込み、第2バージョンをシーズン中に投入する計画があります」と、空洞試験を実施した理由とエアロダイナミクスの計画を説明した。

We are coming. We are working. We are developing. @aprilia_official @spidi_on_track #bearacer

Reddingpowerさん(@reddingpower)がシェアした投稿 -