Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By PrüstelGP

プステルGPがニューカラーリングを初披露

昨季プジョー・モーターサイクル・サクソンプリントとして活動したドイツチームが新体制を発表。

プステルGPは23日、第9戦ドイツGPの開催地、ザクセンリンクで18年体制を発表。昨年9月に契約を延長した24歳のチェコ人ライダー、ヤコブ・コーンフィールと8月に2年契約を締結した19歳のイタリア人ライダー、マルコ・ベッツェッキが、7月に技術提携に関して合意したKTMのニューカラーリングを初披露した。

今回の発表会では、プジョー・モーターサイクルとサクソンプリントに替わり、スロバキアのリサイクル会社レドックスから支援を受けられることが発表され、新たにジュニアチームとして、プステルGP・アカデミーを設立。地元ドイツ出身のヤングライダーたちを起用して、ヨーロッパ・タレント・カップ、スペイン選手権、ドイツ選手権に参戦する。

昨年11月、新体制の始動として、サーキット・リカルド・トルモでプライベートテストを実施。2度のオフィシャルテストに参加した後、来月6日からのオフィシャルテストに参加する。

2018 stuff???? Ready! #Bez12

Marco Bezzecchiさん(@marcobez12)がシェアした投稿 -