Tickets purchase
VideoPass purchase
News
17 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ「今日は全てをまとめた」

プレシーズンの最終日にプレシーズン初日以来となる転倒を喫したが、最後に2番時計を記録。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、2週間後に迫った開幕戦カタールGPの開催地、ロサイル・インターナショナル・サーキットで実施されたオフィシャルテスト2日目に7番手から11番手に後退した後、最終日は、昨年11月にサーキット・リカルド・トルモで開催されたオフィシャルテスト1日目以来となる転倒を喫したが、8度のコースインで49ラップを周回すると、1分55秒台を11回、1分54秒台を5回記録して、トップタイムから0.247秒差の2番手に浮上。

「トラック次第でものごとが大きく変わってしまう。日によっても、午前と午後でも全てが変わってしまう」

「僕たちは3日間懸命に働き、今日は全てをまとめた。1ラップとペースは速かったけど、まだフロントタイヤとリアタイヤの両方に少し苦しんでいる。」

「2週間後、僕たちがどこに位置するか見てみよう。今回のテストはポジティブ。セパンも良かったけど、タイのテストには喜べないけど、トラック次第でものごとが大きく変わってしまう。日によっても、午前と午後でも全てが変わってしまう。カギは、悪い状態のときに、あまり転ばないこと。」

「ザルコのレースシミュレーションを確認しなければいけないけど、非常に強い。昨年は上位進出で終わり、同じように始まった。ヤマハは電子制御の仕事をする必要があり、全員のモチベーションが高い」と、最後にまとめ上げて総合2番手に進出した3日目を振り返った。

オフィシャルテスト ‐ パーソナルリザルト
1日目: 1分55秒432 (+0.379秒/45周/7番手)
2日目: 1分55秒316 (+0.730秒/45周/11番手)
3日目: 1分54秒276 (+0.247秒/49周/2番手)

オフィシャルテスト ‐ トップタイム
1日目: 1分55秒053 (マーベリック・ビニャーレス)
2日目: 1分54秒586 (アンドレア・イアンノーネ)
3日目: 1分54秒029 (ヨハン・ザルコ)

サーキットレコードラップ: 1分54秒927 (2016年‐ホルヘ・ロレンソ)
サーキットベストラップ: 1分53秒927 (2008年‐ホルヘ・ロレンソ)