Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By motogp.com

ラルフ・ウォルドマンが死去

90年代に125ccクラスと250ccクラスで活躍したウォルドマンが逝去。

96年と97年に250ccクラスで総合2位を獲得したドイツ人ライダー、ラルフ・ウォルドマンが心臓発作により他界。享年51歳。

86年9月にドイツのホッケンハイムで開催された最終戦バーデン=ヴュルテンベルクGPの80ccクラスでデビューすると、ドイツ選手権にフル参戦する傍らでスポット参戦を続け、90年から125ccクラスへのフル参戦を開始。ホッケンハイムで開催された2年目の第6戦ドイツGPで初優勝を挙げ、総合3位を獲得。3年目に総合3位、4年目に総合4位。94年から250ccクラスに参戦すると、96年と97年には、マックス・ビアッジとのタイトル争いを繰り広げ、2年連続の総合2位に進出。

00年10月の最終戦オーストラリアGPを最後にフル参戦から離れていたが、02年に3戦、09年7月の第10戦イギリスGPに負傷代役として43歳で出走。キャリア通算169戦で優勝20回、表彰台50回を獲得していた。

Support for this video player will be discontinued soon.

フラッシュバック:無冠の王者ラルフ・ウォルドマン

Support for this video player will be discontinued soon.

2000 British GP 250cc Highlights

Ciao Ralf un'altro amico che ci lascia #RIP

Loris Capirossiさん(@capirossiloris)がシェアした投稿 -