Tickets purchase
VideoPass purchase
News
15 hours 前
By Team Suzuki Ecstar

リンス「僕たちはポテンシャルがある」

自己最高の2列目から初めてトップグループで走行し、転倒リタイアも存在感と戦闘力を証明。

チーム・スズキ・エクスターのアレックス・リンスは、開幕戦カタールGPの決勝レースで、フロントにミディアムコンパウンド、リアにソフトコンパウンドのタイヤを装着。自己最高位となる6番グリッドからスタートすると、最高峰クラスで初めてトップグループ内で走行したが、13ラップ目2コーナーでウォームアップ走行に続き、週末2度目の転倒を喫した。

「少し不運だった。それでも、信じられない週末だったと思う。レースはすごく良かった。ベストなスタートではなかったけど、ドビツィオーソの後ろで最高のフィーリングがあった。ストレートでのファイトは非常に難しい。ペトルッチとバトルをしていたときに、アドバンテージをキープして、ポジションを守ろうとトライしたけど、クラッシュしてしまった。」

「転倒で終わってしまったけど、将来に使える沢山のことを学んだ。スターではもっとアグレッシブにならないと。僕たちはポテンシャルがあることが分かった。アルゼンチンで良くしよう」と、転倒リタイアも存在感と戦闘力の高さを証明した決勝レースを振り返った。