Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Team Suzuki Ecstar

イアンノーネ「今後のレースに自信」

2年連続してトップグループで走行中に転倒リタイアを喫したシーズンの緒戦で9位発進。

チーム・スズキ・エクスターのアンドレア・イアンノーネは、開幕戦カタールGPの決勝レースで、フロントにミディアムコンパウンド、リアにソフトコンパウンドのタイヤを装着。4列目11番グリッドからスタートすると、セカンドグループで走行。優勝者から12.957秒差の9位でゴールした。

「昨年と比較すれば良かった。これはポジティブなこと。結果には本当に満足できないけど、不幸でもない。GSX-RRの信頼感を感じた。ポテンシャルも実感した。スタートは良く、トップグループと同じペースで走れたけど、数ラップ後にフロントの信頼感を失い始めた。」

「これは2日目と同じ問題。テストの時とトラックコンディションが違うことが原因で、解決が簡単な小さな問題だと思うけど、信頼感が見つからなかったら、ハードにプッシュして、転倒のリスクを背負いたくなかった。完走することが重要だった。僕たちは良い仕事をした。今後のレースに自信がある。アルゼンチンが待ち切れない」と、トップグループから引き離された理由を説明し、結果以上に手応えを得たことを強調した。

First race of 2018 is done ✅ ! We come back stronger ... ???????? @suzukimotogp #maniac #ai29

Andrea Iannoneさん(@andreaiannone)がシェアした投稿 -