Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By motogp.com

エスパルガロ兄「アプリリアとの契約は遠い」

交渉が順調に進むと笑顔で説明してから8日後、アプリリアの戦闘力に欲求不満を爆発。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアレイシ・エスパルガロは、開幕戦カタールGPの初日終了後、アプリリアとの契約更新に関して、合意が遠いこと打ち明けた。

アプリリアが18年体制とプロジェクトの発表会を開催した今月8日、「アプリリアにとって契約の優先は僕。一刻も早く契約を更新したと伝えてくれた。開幕前に契約を締結したいようだけど、時間がないから難しい。僕はアプリリアを気に入っているから、全てが順調に進む」と、契約更新に問題がないことを説明。

しかし、8日後の初日終了後、「僕はバレンティーノではない。そんなことは分かっているけど、バイクを開発することにおいて、僕は敬意を勝ち取ったはずだ。僕はタイトル候補ではないけど、誰よりも働いている。彼らがそのことを評価しなければいけない。僕はアプリリアから継続参戦したいけど、現時点では契約を結ぶのは遠い状態だ。」

「僕は22歳のライダーではない。あと何年も上位に進出することはできない。それはバレンティーノだけ。今、僕はキャリアの最高潮に達しているところで、表彰台争いができるけど、バイクが僕のレベルに同行しなければいけない」と、契約交渉の状況を説明。

キャリア通算214戦目となった開幕戦は、5列目13番グリッドから11番手走行中の最終ラップに燃料の問題が発生して19位でゴールだったが、レインレースとなった14年9月の第14戦アラゴンGP以来、通算3度目となる表彰台を追求して行く。